レビー小体型認知症の方々、家族、医療関係者の交流や情報交換を行うことを目的にできた組織です。交流会では活発に話し合いをしています。

DLBSNについて

  • HOME »
  • DLBSNについて

「レビー小体型認知症サポートネットワーク(略称、DLBSN)」とは、2008年に発足した家族会「レビー小体型認知症家族を支える会」の後継組織です。

介護家族だけでなく、DLB患者ご本人、ケアスタッフの皆さん、医療関係者と病気やケアについて学び、支え合っていきたい、情報共有したい、そんな願いをもって取り組んでいきます。

基本方針

■ 現在のエリアは、DLBSN総顧問である小阪憲司先生の承認をもって設立されています。
    新たなエリアは、総会出席会員の3分の2以上の承認をもって設立されます。

■ 総会(会員)はエリア代表者によって構成されています。

■ DLBSNは交流会等を開催し、医療とケアの両面から情報提供とサポートをします。

■ エリアの代表は「レビー小体型認知症研究会」の会員です。

■ 顧問医は「レビー小体型認知症研究会」に所属している推奨医です。

■ エリアは独立しており、各々で組織のあり方や活動内容を定めます。

■ 年に1度(原則、11月の第1土曜日 神奈川県横浜市)全国交流会を開催します。

■ 年に2度(原則、5月と11月)総会を開催します。

■ 認知症関係当事者・支援者連絡協議会への加入団体です。

※レビー小体型認知症サポートネットワーク 2014年12月公開、2022年5月修正

PAGETOP