レビー小体型認知症の方々、家族、医療関係者の交流や情報交換を行うことを目的にできた組織です。交流会では活発に話し合いをしています。

DLBとは?

  • HOME »
  • DLBとは?

レビー小体型認知症ってどんな病気?

認知症の種類

三大認知症があるレビー小体型認知症はそのひとつ

認知症は70種類もある

認知症は、もの忘れのほか、時間や場所がわからなくなったり、だんだんと身の回りのことができなくなったりする病気です。

認知症の種類は、原因になる病気によって70種類くらいに分けられますが、そのなかで多いのが、①アルツハイマー型認知症、 ②レビー小体型認知症(DLB)、 ③脳血管性認知症です。それら3つを総称して、“三大認知症”とよばれています。

認知症の種類

認知症の種類

レビー小体型認知症の発見

レビー小体型認知症(DLB)は、1976年、小阪憲司氏(クリニック医庵センター南 横浜市立大学名誉教授 レビー小体型認知症研究会世話人代表 当会顧問)が最初に発見した病気で、近年、世界中で注目を集めるようになった認知症です。わが国では、現在、約50万人の患者さんがいると推計されています。

 

 

そもそもレビー小体って?

brain

 

 

レビー小体は、異常なたんぱく質が脳の神経細胞内にたまったもので、主に脳幹(のうかん)に現れるとパーキンソン病になり、さらに大脳皮質(だいのうひしつ)にまで広くおよぶと、レビー小体型認知症(DLB)になります。ただし、原因は今のところ十分にわかっていません。

lewy

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな症状?

あるレビー小体型認知症(DLB)には、特徴的にあらわれる症状があります。

症状の例

・初期には、もの忘れとともに、具体性のある幻視(げんし ネズミが動き回っている、子どもがベッドの上にいるなど)がみられます。それに伴って、妄想(もうそう)や異常な行動があらわれることもあります。

・日や時間帯によって、頭がはっきりしている状態とボーッとしている状態が入れ替わり起こるのも特徴です。

・手足や筋肉のこわばり、動きの鈍さ、小股歩行(こまたほこう)、無表情など、身体的症状をきたします。これらはパーキンソン症状といわれるものです。

アルツハイマー型との比較

レビー小体型認知症(DLB)は、アルツハイマー型とは少し異なる病気です。

 

 

治療は? 対応は?

DLBは誤診されることがある

治療は?

レビー小体型認知症(DLB)は、アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症などと誤診されたり、単なるパーキンソン病と診断されたりすることが少なくありません。

そのため、適切な専門医を見つけ、早期に治療・対応をすることが何よりも大切です。

レビー小体型認知症(DLB)の治療方法はまだ見つかっていませんが、アリセプトとよばれる薬は、認知障害や異常行動に有効とされています。また、パーキンソン症状に対しては、レボドパなどの抗パーキンソン病薬を用いるのが効果的です。

いずれにせよ、専門医の指導のもとで適切に治療する必要があります。

対応は?

レビー小体型認知症(DLB)に特徴的にあらわれる幻視は、実際に存在しなくても、本人にとっては正に“現実”です。したがって、「錯覚です」「そんなものいませんよ!」などと否定するよりも、本人の言葉を受け入れて、安心させることを第一に考えて対処するのがよいでしょう。

また、パーキンソン症状によって転倒などを生じることがありますので、事故にならないように、すべりやすいものやつまずきやすいものをなくすなど、家の中の環境を整えることも必要です。


さらに詳しく知りたい(作製中)

PAGETOP